楽天ブックス
■「関西じゃりン子チエ研究会」とは… 沿革
 1993年6月発足。わが国最大で唯一の『じゃりン子チエ』研究組織。神戸のミニコミ誌『風見鶏』の復刊を企てていた一派が母体となって結成した。
 当時の『磯野家の謎』ブームに乗って、復刊予定の『風見鶏』に連載を予定していた企画「竹本家の謎」を進めていたが『風見鶏』復刊計画は頓挫し、「竹本家の謎」企画も消滅かと思われていた。
 しかし、この企画が東京の出版社「データハウス」に拾われ、コミック研究本『じゃりン子チエの秘密』として単行本化。全国の書店で発売される。
 その後、メンバーが入れ替わりながらも細々と研究、解読が行われ、その成果をレターニューズ『関西じゃりン子チエ研究会会報』として発表。資金がつきた1995年8月までに計6号を発行する。
 1995年には、われわれの活動を知った、あの大阪・毎日放送が「『じゃりン子チエ』について教えてほしい」と問い合わせてくるぐらいの研究レベルに達した。
 今後は『じゃりン子チエ』及び、はるき悦巳作品全般の研究活動、普及活動をファンの皆様とともに精力的に行っていく。略称「関じゃり研」

★メンバー
代表・発起人菊地馨
発起人・研究本スタッフ高野朝彦 中西幸二 吉本敦夫
わかなみずほ 藤田民子
調査部部長・長野支部長伊藤顕
調査部副部長・金沢支部長松浦康浩
映像・音響部長北中健治
論説委員兼サイト管理斎藤智美
論説委員春日未知 月影小鉄 竹岡啓
あづまひろと まつうえ テツのひげ
柴田保 猫町旅人 風流
そして、『じゃりン子チエの秘密』ご愛読者の皆様

なお、このホームページ製作にあたり、
次の皆様方から情報提供のご協力をいただきました。(50音順・敬称略)
青木浩郎  鈴原千陽  畑中剛   はまのまさと  林浩一
※今後も論文を寄稿された方は「論説委員」として『じゃりン子チエ』ファンの殿堂である「関じゃり研メンバー」名簿に掲載させていただきます。

★関西じゃりン子チエ研究会の御入会について
1998年8月1日制定・2000年2月13日一部修正
入会金・会費等
データハウスのコミック研究本『じゃりン子チエの秘密』を1冊購入することで入会金、会費を納入したものとみなします。

入会資格
データハウスのコミック研究本『じゃりン子チエの秘密』のご愛読者、または下記のすべての条件に当てはまる方。
(1) これからも、ずっと『じゃりン子チエ』ファンでいられること。
(2) 積極的な資料・情報の提供、あるいは論文の執筆、または『じゃりン子チエ』の啓蒙、普及活動を積極的に行っていること。

入会方法
「入会資格」をすべて満たせば「関じゃり研研究員」を自由に名乗ることができます。
※研究会名簿へのお名前の掲載は論文執筆者および資料提供者のみに限らせていただきます。

研究員資格の期限
・『じゃりン子チエ』ファンをやめた時点で研究員資格はなくなります。
『じゃりン子チエの秘密』(データハウス刊)を手放したときも、当然ながら研究員資格は失効します。


★関西じゃりン子チエ研究会の歴史
年月 できごと
1993年 5月ごろ 神戸のミニコミ誌「風見鶏」復刊企画ミーティングでコーナー企画案として、当時ベストセラーだった「磯野家の謎」をパクった企画「竹本家の謎」が持ち上がる。しかし「風見鶏」復刊計画は財政難を理由に中止。
6月26日 東京の出版社データハウスより風見鶏企画「竹本家の謎」に対して出版の話が持ち込まれる。
直ちに「風見鶏」スタッフによる「関西じゃりン子チエ研究会」を発足。
7月1日 「竹本家の謎」改めコミック研究本「じゃりン子チエの秘密」9月出版が決定
7月31日 大阪取材。
9月2日 「じゃりン子チエの秘密」最終稿脱稿
9月16日 「じゃりン子チエの秘密」見本刷りが完成。しかし、乱丁発覚。
9月20日 「じゃりン子チエの秘密」全国の書店で発売。
乱丁発覚が初回出荷に間に合わなかったため、乱丁本が店頭に並ぶ。訂正版は26日より順次配本される。
「関西じゃりン子チエ研究会」会報第1号発行
  じゃりン子チエの秘密の秘密
  イラスト担当者の苦悩(わかなみずほ)
  あなたにもできるミリオンセラー計画(斎藤智美)
10月20日 「関西じゃりン子チエ研究会」会報第2号発行
  ボツネタ1編と本文訂正記事
 
1994年 2月1日 「関西じゃりン子チエ研究会」会報第3号発行
  論文「38巻の2つの不思議」(菊地馨)
  図説「チエちゃん顔の変遷記」(伊藤顕)
  「関西基礎講座」連載開始など
6月1日 「関西じゃりン子チエ研究会」会報第4号発行
  記事「西萩町は実在した」
  論文「じゃりン子チエ9巻完結説」(菊地馨)
  ルポ「西萩探索記」(伊藤顕)など
11月1日 「関西じゃりン子チエ研究会」会報第5号発行
  ジュニア版、映画版単行本、アントニオジュニアのぬいぐるみといったグッズの存在を確認。
  ルポ「続・西萩探索記」(伊藤顕)
  秘密本読者の素朴な疑問「じゃりン子チエの小秘密」など
 
1995年 3月1日 「関西じゃりン子チエ研究会」会報第6号発行
  記事「日の出食堂の青春」絶版
8月上旬 大阪毎日放送より開局記念番組の1コーナーとして、「知ってるつもり」のパロディー「知ってるつもりでっか?大阪人~竹本チエ編」の企画が、関じゃり研に持ち込まれる。
「原作者に依頼したが断られたため、お願いしたい」と担当者。
企画を後押しするかのように毎日放送では「チエちゃん奮戦記じゃりン子チエ」の再放送をスタートさせる。
8月26日 毎日放送開局45周年記念番組の1コーナーとして、事実上の「じゃりン子チエの秘密~アニメ版」である「知ってるつもりでっか大阪人? 竹本チエ編」がオンエアされる。(ナレーター・永井一郎氏)
同番組では関連企画として子供の大喜利「じゃりン子寄席」なるものまで登場。
この企画を花道に「関西じゃりン子チエ研究会」休眠。
 
1996年 (休眠)
 
1997年 1月17日 ミニコミ誌「風見鶏」復刊企画会議。
インターネットによるオンラインマガジン化を決定。しかし93年当時の「関じゃり研」企画は持ち上がらず。
4月7日 オンラインマガジン「風見鶏」創刊、
4月下旬 「風見鶏」で「関じゃり研」のホームページ化が検討される。
6月13日 「風見鶏」第2号更新とともに「関西じゃりン子チエ研究会」ホームページ開設。
8月5日
8月22日
「じゃりン子チエ」完結
検索サービス「NTT DIRECTORY」で新着アクセスランキング第2位に。
10月5日 「堅気屋倶楽部」の前身となるゲストブックを設置
 
1998年 6月13日
6月26日
ホームページ開設1周年を迎える。
「関西じゃりン子チエ研究会」結成5周年
 
1999年 7月7日 エーアイムック『WWWイエローページVol.7』(エーアイ出版)で当サイトが紹介される
 
2000年 11月10日 旅行雑誌『歩く地図』12月号で当サイトが紹介される
 
2001年 1月27日
10月25日
『神戸新聞』1月27日夕刊で当サイトが紹介される
関西どっとコムテスト「エルマガジン賞」受賞
2002年 3月25日
8月20日
じゃりン子チエDVD-BOXのブックレットで当サイトが紹介される
「URL TODAY」今日のURLで当サイトが紹介される
2006年 10月
12月2日
じゃりン子チエDVD-BOXのブックレットの企画に参加
『じゃりン子チエの秘密』が「新装版」としてデータハウス社より再版される
2010年 1月4日 TV雑誌『TV BROS』で当サイトが紹介される。

総合目次論文目次アニメ情報相互リンク「堅気屋倶楽部」