楽天ブックス
■「じゃりン子チエ」ニュ~ス 2000年
●名作「力道山がやってきた」がビッグコミック増刊号に登場!!

(00年12月20日)

 はるき悦巳センセが1980年に発表した読み切り作品『力道山がやってきた』が、12月19日発売の『ビッグコミック増刊号(2001年1月19日号)』に再掲されました。
 今回発売の『ビッグコミック増刊号』ではビッグ作家の単行本未収録作品をまとめたもので、はるき作品からは1980年3月10日号のビッグコミックに掲載された『力道山がやってきた』が収録されました。
 この作品は、はるきセンセ自身「あの風景が僕にとって思い出の風景なんです。ああいう状況の中で子どもが生きていく…僕も当事者の部分があったから、ああいうことでよかったのかなあという思いがあるわけです(灰谷健次郎対談集・1981年)」と語るほど、思い入れがある作品です。
 作品の舞台は1950年代の大阪。少年・咲と謎のホームレス・徳ジィのふれあいを描きます。
 なお、この作品では、1コマだけ、チエ、テツ、菊がゲスト出演しています。また少年・咲など登場人物の多くは『ガチャバイ』にも登場しています。
※参考:はるき作品全データ
●名古屋でウケるか?「じゃりン子チエ」の舞台化

(00年7月12日)

 名古屋市の中日劇場で、今年8月、じゃりン子チエを舞台化した「浪花人情パラダイス」が上演されます。
 この舞台は99年10月、大阪・新歌舞伎座で上演された「浪花人情おもろい町」とほぼ同じ内容で、テツを「じゃりン子チエ」の舞台となった西成区出身の赤井英和さんが演じます。その他の演者やストーリーは大阪公演とほぼ同じです。
 なお、今回の名古屋公演用のプログラムには舞台原作となる「じゃりン子チエ」の資料として「関じゃり研」のアニメ声優一覧が掲載されます(プログラムの13ページ)。
浪花人情パラダイス(原作:はるき悦巳「じゃりン子チエ」)
・会場:中日劇場  ・期間:8月1~24日
・主演:赤井英和  ・料金:A席12,500円、B席6,000円

追加情報 (2000年10月1日)
舞台の配役、あらすじについては「浪花人情シリーズのデータ」をご参考ください。

最新ニュ~ス総合目次相互リンク堅気屋倶楽部