楽天ブックス
■『じゃりン子チエ』の20年 原作周辺情報

単行本 初版発行 「じゃりン子チエ」関連記事
▼1978年▼
    ☆10月『漫画アクション』で連載開始。
当初は読切短篇マンガとしてスタート。
▼1979年▼
じゃりン子チエ 1
じゃりン子チエ 2
じゃりン子チエ 3
5月15日
9月10日
12月15日
☆単行本定価480円
▼1980年▼
じゃりン子チエ 4
じゃりン子チエ 5
じゃりン子チエ 6
じゃりン子チエ 7
3月5日
5月1日
7月25日
11月15日
▽『ぱふ』5月号~「まんが家WHO'S WHO(10) はるき悦巳」

▽『朝日新聞』5月26日夕刊「文芸時評」で井上ひさし氏が絶賛。6巻初版本から、この書評を紹介した見開き広告が登場。

▽『週刊文春』6月12日号~朝日新聞文芸時評が絶賛した『じゃりン子チエ』のナウな読み方

▽『朝日ジャーナル』8月8日号~人ひとヒト~はるき悦巳氏 なぜ「少女よ大志を抱くな」なのか。マンガ『じゃりン子チエ』の原風景

▽『朝日新聞』5月26日夕刊~じゃりン子チエ劇化

▽『朝日新聞』9月27日朝刊 22面、中央競馬会ノミ行為禁止ポスター記事に小鉄とジュニアが登場

▽『朝日新聞』10月6日夕刊 8~9面 見開きオーディオのコラム記事に小鉄とジュニアが登場

▽『週刊朝日』10月31日号~現代人の喪失感を癒すふるさと劇画の旗手たち

☆6巻に書き下ろし「特別付録ヒラメちゃんの日曜日」収録

▼1981年▼
じゃりン子チエ 8
じゃりン子チエ 9
アニメ版映画じゃりン子チエ1
アニメ版映画じゃりン子チエ2
アニメ版映画じゃりン子チエ3
ジュニア版じゃりン子チエ 1
ジュニア版じゃりン子チエ 2
じゃりン子チエ 10
ジュニア版じゃりン子チエ 3
ジュニア版じゃりン子チエ 4
ジュニア版じゃりン子チエ 5
ジュニア版じゃりン子チエ 6
じゃりン子チエ 11
2月20日
5月18日
5月22日
6月10日
6月28日
8月1日
8月8日
8月9日
8月14日
10月14日
10月24日
11月9日
11月24日
▽『アニメージュ』1月号~映画化決定!!じゃりン子チエ・うちがアニメのチエやねん

▽『朝日新聞』1月13日~じゃりン子チエ劇化

▽『図書新聞』2月28日号~「大河コミック『じゃりン子チエ』の多角的視覚」(日向あき子)

▽『朝日新聞』3月2日~「ひと はるき悦巳」(菅野拓也)

▽4月11日、アニメ映画『じゃりン子チエ』封切。全国東宝系で。

▽4月12日、関西テレビ「花王名人劇場~アニメDEマンザイ・じゃりン子チエ」を全国ネットで放映。

▽4月16日、テレビ朝日「徹子の部屋」~「はるき悦巳 じゃりン子チエの親」

▽『週刊文春』4月30日号~通天閣の見える街で生きる。ご存じチエ、テツ、ヨシ江はん、ヒラメちゃん、小鉄…みんな、いとしい~イーデスハンソン、はるき悦巳対談

▽『Voice』5月号~「『じゃりン子チエ』がなぜ受ける」(副田義也)

▽『宝石』6月号~宝石図書館ベストセラー診断13・『じゃりン子チエ』

▽『思想の科学』7月臨時増刊号・特集「家」~『じゃりン子チエ』の家(小笠原信)

☆ジュニア版1巻に書き下ろし「予告篇」

☆ジュニア版2巻に書き下ろし「小鉄の書き方」、後に『どらン猫小鉄』に収録される「どらン猫小鉄予・予告編」「どらン猫小鉄予告編」を収録。

▽『朝日新聞』10月2日~「テレビでもチエちゃんは千夏」

▽10月3日、テレビアニメ『じゃりン子チエ』放送開始。毎日放送・東京ムービー新社制作、全65話

☆11巻巻末に「番外篇」(スカーフの秘密)収録。

▼1982年▼
じゃりン子チエ 12
ジュニア版じゃりン子チエ 7
ジュニア版じゃりン子チエ 8
ジュニア版じゃりン子チエ 9
じゃりン子チエ 13
じゃりン子チエ 14
ジュニア版じゃりン子チエ 10
ジュニア版じゃりン子チエ 11
ジュニア版じゃりン子チエ 12
じゃりン子チエ 15
2月14日
4月9日
4月19日
5月1日
6月24日
8月16日
9月18日
10月1日
11月14日
12月19日
・13巻表紙カバー折り返し部にテレビアニメの告知が入る。背表紙中央のカットが消滅(増刷分にはアニメ告知が消え、背表紙カットが入る)

☆15巻、背表紙中央のカットが復活

▼1983年▼
じゃりン子チエ 16
ジュニア版じゃりン子チエ 13
ジュニア版じゃりン子チエ 14
ジュニア版じゃりン子チエ 15
じゃりン子チエ 17
じゃりン子チエ 18
2月20日
3月19日
4月
5月19日
6月24日
10月24日
☆これまで「初版」だった奥付が、18巻から「第1刷」になる。
▼1984年▼
じゃりン子チエ 19
どらン猫小鉄(A5判)
じゃりン子チエ 20
じゃりン子チエ 21
じゃりン子チエ 22
どらン猫小鉄(B6判)
1月9日
1月17日
5月19日
8月19日
11月24日
12月5日
☆『どらン猫小鉄』の奥付は西暦表記
▼1985年▼
じゃりン子チエ 23
じゃりン子チエ 24
じゃりン子チエ 25
じゃりン子チエ 26
2月19日
5月24日
8月13日
11月24日
▽『朝日新聞』2月20日夕刊~「新人国記'85 大阪府(20)」

▽『思想の科学』9月号~「『じゃりン子チエ』の猫 はるき悦巳論」(左方郁子)

☆25巻で発行総数1千万部突破。ショッキングピンクの帯がつく。

▼1986年▼
じゃりン子チエ 27
じゃりン子チエ 28
じゃりン子チエ 29
じゃりン子チエ 30
2月18日
5月28日
8月19日
12月19日
 
▼1987年▼
じゃりン子チエ 31
じゃりン子チエ 32
じゃりン子チエ 33
4月19日
7月19日
10月14日
▽『広告』5月6日号~「じゃりン子チエの社会学」(加藤幹郎)

☆33巻から国際標準図書番号がつく

▼1988年▼
じゃりン子チエ 34
じゃりン子チエ 35
じゃりン子チエ番外篇
じゃりン子チエ 36
1月16日
6月19日
7月28日
11月24日
☆34巻から奥付が西暦表記になる。

☆番外篇の帯でコナミがファミコンソフトの宣伝。
「うちがファミコンソフトになったんや!コナミより発売!」

▽7月15日、ファミコンソフト「じゃりン子チエばくだん娘の幸せさがし」発売。双葉社より攻略本も出版。

▼1989年▼
じゃりン子チエ 37
じゃりン子チエ 38
じゃりン子チエ 39
じゃりン子チエ 40
2月20日
5月14日
8月19日
12月14日
☆消費税導入で38巻から1冊500円に。奥付けから定価が消える。奥付に定価が書かれていた1~37巻は、「新訂版」として増刷される。
▼1990年▼
じゃりン子チエ 41
じゃりン子チエ 42
じゃりン子チエ 43
4月28日
7月28日
10月27日
▽10月19日、テレビアニメ「チエちゃん奮戦記じゃりン子チエ」放送開始。毎日放送、東京ムービー新社、東宝制作。1年足らずで打ち切り。

☆単行本1冊520円に。

▼1991年▼
じゃりン子チエ 44
じゃりン子チエ 45
じゃりン子チエ 46
じゃりン子チエ 47
2月18日
5月27日
8月19日
11月28日
 
▼1992年▼
じゃりン子チエ 48
じゃりン子チエ 49
じゃりン子チエ 50
じゃりン子チエ 51
3月28日
7月28日
10月28日
12月28日
 
▼1993年▼
じゃりン子チエ 52
じゃりン子チエ 53
じゃりン子チエ 54
4月27日
7月28日
10月28日
▽9月20日、コミック研究本『じゃりン子チエの秘密』(関西じゃりン子チエ研究会、データハウス)刊行。
▼1994年▼
じゃりン子チエ 55
じゃりン子チエ 56
じゃりン子チエ 57
じゃりン子チエ 58
1月18日
5月28日
8月20日
11月28日
☆57巻より、装丁が変更される。
▼1995年▼
じゃりン子チエ 59
じゃりン子チエ 60
じゃりン子チエ 61
3月9日
7月28日
11月28日
☆コミックス刊行巻数で横山光輝『三国志』全60巻(潮出版社)を抜き、日本漫画史上5位の長編コミックスとなる。
▼1996年▼
じゃりン子チエ 62
じゃりン子チエ 63
じゃりン子チエ 64
3月28日
7月28日
10月27日
▽『朝日新聞』6月8日~「じゃりン子チエ 妖精と荒ぶる神の祝祭」(今村仁司)

▽10月からトヨタトラックのイメージキャラクターになる。テツはトラックの運転手役。地方新聞、週刊誌の広告に登場。
『漫画アクション』12月24日号掲載のトヨタトラックカラー見開き広告に「テツ、引っ越し屋になる」登場

▼1997年▼
じゃりン子チエ 65
じゃりン子チエ 66
双葉文庫名作シリーズ
  じゃりン子チエ番外篇
じゃりン子チエ 67
2月11日
7月11日

9月9日
11月12日
☆定価530円に。

▽8月2日、朝日新聞夕刊社会面『テツの相手も疲れたワ「じゃりン子チエ」なにわ描き19年・連載に幕』

▽8月4日、朝日新聞「天声人語」で「じゃりン子チエ」連載終了が取り上げられる。

☆8月5日発売の「漫画アクション」をもって、連載終了。

▼1998年▼
    ▽『COMIC BOX』98年1月号~「変わることなき大阪の日常」(竹内オサム)

▽『ダ・ヴィンチ』98年2月号~「マンガ狂につける薬」第37回=『じゃりン子チエ』(呉智英)

▽5月15日、研究本『「じゃりン子チエ」という生き方』(長尾剛・著、双葉社)

▽『青春と読書』98年7月号~「じゃりン子チエの銀の匙(さじ)(特集 さくらももこの魅力)」(奥本大三郎)

※1 ☆印=原作(初版)の特異事項
   ▽印=テレビ、雑誌記事、新聞記事等に登場した「じゃりン子チエ」の記録
※2 実際の単行本発売日は初版発行日の1か月前。
※3 はるき悦巳先生の「じゃりン子チエ」以外の作品については、ここをクリック!!

はるき悦巳作品・全データ総合目次論文目次堅気屋倶楽部